MENU

条件1 4C

4Cとは、ダイヤモンドの品質などを評価する4つの基準要素「Carat(カラット)・Color(カラー)・Clarity(クラリティー)・Cut(カット)」のことです。

この基準は、特徴の希少性・美しさ・品質に関する専門家の合意・エンドユーザーが購入する際の傾向と好みなど全てを反映したものです。

※各見出しをクリックしてください。4Cそれぞれの説明が表示されます

  • ダイヤモンドの重さは、カラットで表示されます。
    1カラット(ct)は0.2グラムです。

    ◆1ct=直径約6.5mm
    ◆0.75ct=約5.9mm
    ◆0.5ct=約5.15mm
    ◆0.25ct=約4.1mm

  • ほとんどのダイヤモンドには微細な不純物が含まれています。
    これら含有物の程度を10倍に拡大検査し、11にランク分けされたものをクラリティーといいます。

    ◆FL:無傷
    ◆IF:内部無傷、表面に僅かな傷
    ◆VVSI・VVS2:発見困難な内包物
    ◆VSI・VS2:発見が多少困難な内包物
    ◆SI1・SI2:発見が容易、肉眼では困難
    ◆I1~3:肉眼で容易に発見できる
    ※ただし、FL・IFはあまり市場では見られません。

  • カットが優れているダイヤモンドは、輝き・きらめきが増します。
    このため日本ではカットが重要視されており、最高のエクセレントカットに人気が集中しています。 カットグレードは、ダイヤモンドの各寸法(プロポーション)や対称性(シンメトリー)などを総合的に評価して5つのランクに分けられます。

    ◆エクセレント
    ◆ベリーグッド
    ◆グッド
    ◆フェアー
    ◆プアー

    よく、ダイヤモンドのカットとシェープを混同されますが、カットとは輝きのよい、いかに理想の形にバランスよくカットしているかを鑑定するものであり、シェープとはハートやラウンド、スクウェアなどの形状をいいます。

条件2 カタチ

抜群の輝きを持つカタチ-ラウンドブリリアントカット-

こだわりの4Cの中でも一番よく輝くのはラウンド・ブリリアントカットです。
現在、鑑定書(品質保証書)の90%以上がラウンド・ブリリアントのものです。

通常面数は合計57面になりますが、例外でアメリカン・カットの場合はキューレットを面取りするため、合計58面になります。また、テーブルが若干小さく、クラウンが高いのが普通です。

トリプルエクセレントと評価されたダイヤモンドは、現在のカットの仕上がり水準では最高峰にあたります。
是非おすすめしたい評価のダイヤモンドです。

ダイヤモンドの輝き

ダイヤモンドの上半分(クラウン部分)から入射した光は、内部で屈折や反射を繰り返しながら、全て100%再びクラウン部分から出て行くよう設計されています。
もし、この割合とは違うダイヤモンドがあった場合、入射する光は僅かずつパビリオン側から漏れて完全な光の還元には至らず、結果としてあまり輝かないダイヤモンドになるでしょう。
ダイヤモンド内部から出て行く光のうち、テーブル部分から出るものを「ブリリアンシー(Brilliancy:白色光)」、クラウン部分の各ファセットから出る光を「ディスパージョン(Dispersion:分散光)」といいます。

条件3 ハート&キューピッド

美しく希少な輝き-ハート&キューピッド-

近年になって、カットを見る特殊な器具を使うとプロポーションとシンメトリー(対称性)の優れているダイヤモンドには、テーブル側から見るとアローマーク、パビリオン側から見るとハートマークがそれぞれ見えることが発見されました。

▲ ハートマーク

▲ ハートマーク

▲ アローマーク

▲ アローマーク

この現象が見られるダイヤモンドを「ハート・アンド・キューピッド(H&C)」と呼ぶようになり、次第にダイヤモンドの名称として広く使われるようになりました。
この現象は、基本的にカットがエクセレントのダイヤモンドに見られるため、非常に希少価値の高いダイヤモンドです。

contact-info_01 0899512546 contact-info_03